水 ミネラル

水のミネラル成分。少ない方が赤ちゃんにいいのか。

赤ちゃんに飲ませる水。ミネラルは少ない方がいいのか。

 

ミネラルが多いと赤ちゃんの胃腸に負担がかかる。
過度の摂取は逆に体調を崩してしまうおそれもある。

 

しかし、人間は毎日の生活で汗とともにミネラルは
カラダの外にでてしまうので補給する必要がある。

 

ミネラルは赤ちゃんでも適度な摂取が必要だ。

 

ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、バリウムといった
人体に必要な4つのミネラルを適度な割合で加えた市販品もある。

 

これをピュアウォーターというらしい。

 

水道水から塩素を完全ろ過したお水がおすすめ

 

水道水に入っている塩素。
塩素は細菌類を死滅させる薬だ。

 

アメリカの研究では
塩素のシャワーを浴びると、小じわのもとになったり、
アトピーを悪化させたりするといわれている。

 

皮膚を乾燥させる作用があるのが塩素らしい。

 

赤ちゃんに飲ませるお水も塩素を取り除いたお水が安心だ。

 

 

10度〜15度のミネラル水がもっともおいしい

 

人間に必要な4つのミネラル成分を適度に配合し
硬度32度に調整したお水がもっともおいしいといわれている。

 

おいしいお水の温度は体温より25度〜27度低い温度をおいしいと感じるらしい。
10度〜15度程度のお水が「おいしいっ!」と感じるそうだ。

 

ミネラル成分は多すぎず、少なすぎず・・

 

おいしいお水とは温度、ミネラル、匂いの3つから考える。

 

適度なミネラル分が含まれたお水はまろやかな味がする。

 

飲んでみても、「おいしい〜」と味覚が感じる水だ。

 

塩素は安全な水道水を供給するには欠かせないものといわれている。
しかし、塩素は匂いがある。
しかも本当に安全かは国が決めたことだ。
塩素を取り除き、人体に必要なよいミネラルを加えたお水が理想的だ。。

 

 

安全で安心できるお水やお湯を使いたい

 

放射能物質がなく、塩素も入っていない。
私たち日本人は湧き水や井戸水など日常的に無料で飲んできました。
例えば、喉が渇いたときに、すぐに冷たい水が飲める。

 

好きなときに暖かいお茶やコーヒーが飲める。
もし、赤ちゃんが泣いても、ミルクをすぐに用意できる。
子供の料理に使っても安心。
ほどよい量のミネラルでおいしさもアップする。

 

重いペットボトルをスーパーから持ち運ぶ必要もない。
ほんの少しの便利さが積み重なり、選ばれているのが水宅配です。

 

>警告<あたなの水道水の塩素はどれくらいですか?

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ