DPD試薬

DPD試薬で水道水をテストしてみた。

水道水の塩素が気になる。
お風呂の塩素はどれくらいの濃度なのか。

 

そんな方は気軽に自宅の水道水の塩素をテストできるのが
DPD試薬(塩素反応試薬)だ。
遊離残留塩素を一発で検出できる。

 

ピンクになっていれば塩素が入っているということ。
簡単で分かりやすい。

 

「相模原の水道水」と「RO水(クリクラ)」で実験してみた。
RO水で有名なのはクリクラの水だ。
RO水とは髪の毛の1000分の1の小さい穴を
圧力をかけてろ過した水道水だ。

 

結果は・・水道水はやはり濃いピンク色になった。
このピンクが濃ければ濃いほど塩素も大量に入っている。

 

次はクリクラのろ過されたお水
↓↓↓

 

まったく色がついていない。つまり塩素が除去されているお水だ。

 

各市町村のサイトをみるとわかるのだが、
国が定めた塩素の基準値は、
「1リットル以上につき0.1グラム」
となっている。

 

この数値が安全なのだろうか。

 

少量の塩素は人体に問題はないというのが国の基準だ。
しかし、シャワーやアトピーなど危険性を述べている専門家もいる。
諸外国と比べると、5倍〜10倍多い。

 

塩素の消毒効果は絶大だか・・本当に飲んでいいの?

 

日本では江戸時代から江戸に飲料水が引かれていました。
昔の水はきれいだったのですが、川の水や海の水など
連鎖反応による汚染で水道水にも塩素が入れられることになりました。
塩素はコレラ菌や赤痢などの殺菌について効果的だといわれてきました。

 

しかし、アメリカの最新の研究では塩素の害について
シャワーの後に皮膚や髪の毛がドライスキンになりカサカサしたり、
小じわの原因になったりするということが研修者の発表にもあります。

 

とくにアトピーなど肌が弱い方は塩素により
症状が悪化するリスクもあります。

 

そんな塩素を飲料水として子供に飲ませてよいのか。

 

原発で放射能が漏れたときに

 

「ただちに人体に影響はない・・」

 

という国の公式発表があった。

 

塩素が入った水道水。長期的な人体への影響はどうなのか。

 

マスコミではまったく報道されいない。
なぜか、水道水の塩素にもダブってしまうのだ。

 

天然水やRO水を飲料水として選ぶ家庭が増えてきました。
飲料水も購入する時代になってきていいます。

 

放射能と塩素が入っていないのがクリクラのお水です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ