クリクラ工場見学

【クリクラ工場見学】水道水の塩素は除去されてるのか?衝撃の真実とは!

クリクラ工場見学。子供に飲ませていいのか。

 

水道水から塩素のカルキくさい匂い。
本当に安全なのか。
カラダのに入れても大丈夫なのか。

 

素朴な疑問でした。
そもそも、塩素とは細菌類を死滅させるための薬である。

 

「お水についてもっと知りたい!」

 

そこでお水の専門研究機関がある、クリクラの工場見学にいってきました。

 

お水の歴史やクリクラの説明の後、
水道水の塩素が計れる実験をさせてもらいました。
塩素反応試薬(DPD試薬)という薬を使いました。

 

塩素が入っているかどうかわかる薬を水道水にいれてみた

 

ピンクだと塩素が入っているということらしい。。

 

塩素試験の結果は・・

 

下は水道水
↓↓↓

 

次はクリクラのお水
↓↓↓

 

ピンク色・・ということは水道水にはもちろん塩素が含まれている。
色が濃いほど塩素が濃いということだ。

 

クルクラの水はDPD試薬でまったく反応しなかった。
つまり、クリクラなどRO水では塩素が除去されていた。

 

なぜ、塩素が必要なのか。

 

「水道水の細菌類を死滅させるため」に国が定めた基準の塩素
(0.1ミリグラム/リットル以上)が日本の水道水には入れられています。

 

「少量の使用なので問題ありません」

 

という国の考えかたです。しかし、塩素は
もともと強い漂白・殺菌作用をもった物質です。
何よりも、カルキ臭いお水は本能的に子供に飲ませたくありません。
海外からみるとアンビリーバブル〜!!

 

できれば、塩素を除去した安全なお水を子供に飲ませたい。

 

そういう場合にはどうしたらいいだろうか。

 

湧き水や井戸水などの天然水を飲むか、
市販されているフィルター類を設置するか、
クリクラのようなRO水を飲むかなど考えられた。

 

塩素をろ過する3つのフィルターをみた

 

水道水の塩素やばい菌類を3つのフィルターでろ過していた。
もっとも細かいフィルターがRO膜フィルターだ。

 

髪の毛の1000万分の1の小さい穴を圧力をかけて通していた。
この3つのフィルターで塩素も除去していたのだ。

 

これに4つのミネラル成分を加えて飲みやすくしている。
塩素を除去する家庭用の装置も市販されているが、
放射能も含めて、定期的に検査してくれる水宅配。

 

子供にも安心して飲ませることができるお水である。

 

クリクラの水は無料お試しができる。
サーバーごと届くが、契約しなくても、まったく負担はない。
ピンときた方はお試しアレ〜♪

 

>>クリクラの無料お試しできる公式サイトのページはこちら ←クリック!

 

ちなみに、クリクラ工場見学にいくと、
マグカップや近くの美術館の入場券などもももらえましたよ〜!

 

↓サーバーは卓上タイプなどいろいろ選べるそうです↓

 

ホーム RSS購読 サイトマップ